新幹線での事件から思うこと

先日起きた新幹線の事件について、考えたことをお伝えします。

最初に、被害者の方のご冥福をお祈り申し上げます。

こちらの内容については、ブログを書くことを少しためらいました。言及することが難しい内容だからです。
最初にニュースを見た時、とても胸が苦しくなりました。そして、発達障害であることを母親が公表したことで、複雑な気持ちと不安に駆られました。

既にマスメディアの報道や母親の謝罪文、父親のコメントなど様々な面でたくさんの批判なども見受けられますが、私は今回その話には言及しません。

こちらのブログ記事は、私が事件を見て感じたことを元に、発達障害や自閉症の当事者のご家族へのメッセージになればと思います。

今回、当事者のご家族にお伝えしたいことは2つだけです。

お伝えしたいこと

1つ目は、発達障害や自閉症が犯罪を犯しやすいなどの事実はないということです。

これらは今までの過去の犯罪におけるデータから既に色々な角度で考えられています。最近では、今回の事件に関連して以下の内容がありました。簡単にお伝えすると、健常者より可能性が低く、およそ半分の確率ということです。

一般の人が犯罪を犯す割合(精神障害者を除いたわが国の人口全体のうち、精神障害のない刑法犯の割合)は約0.2%であるのに対し、精神障害者が犯罪を犯す割合(精神障害者全体のうち、精神障害刑法犯の割合)は、約0.1%にすぎない。

※参考URL http://gendai.ismedia.jp/articles/-/56073?page=2
(現代ビジネス、新幹線殺傷事件「発達障害と犯罪」を強調した報道への大きな違和感)

こちらは集計データがなかったため、厳密には精神障害の場合の統計のようですので発達障害のデータではありませんが、逆に言うと今は何も事実がないということになります。報道の内容は気にすることなく、子どもとどのように暮らしていくかについて前向きに可能性を模索して過ごしていければと思います。

2つ目は、当事者のご家族は周りの方を頼って欲しいということです。

昔はインターネットが普及していなかったために、発達障害や自閉症の情報を簡単に収集できなかったでしょうし、今ほど社会全体の理解がなかったため周りの目や社会の反応も今以上に厳しかったのではないかと思います。

現在は色々な情報が溢れる世の中になり、優しい人などは見つけた情報を提供してくれたりします。また、様々な会社や療育施設など子どものことを考えてくれる場所や関係者の方も増えています。だから、周りの方に助けを求めにいっていただきたいと考えています。

今の私の世代は本当に恵まれているのかもしれません。たくさんの方に支えられて今まで歩んできました。

そのように考えると、今現在ある程度の年齢のお子さんをお持ちの親御さんの苦労は途方もないような気がしてきます。そして、どれだけ周りの方に協力を仰ぐことができたのでしょうか。昔の日本社会の中で、私はどのように生きていたのか全く予想ができません。

東田直樹さんに出会うこともなく、ブログを書くこともなく、発達ナビから情報を得ることもなく、息子にタイピングを教えることもなく、もしかしたら親や隣人から教育が悪いと責められ、将来に対して絶望や不安だけで暮らしていたかもしれません。そしてそれらの気持ちを息子にぶつけていたかもしれません。

改めてお伝えしますが、発達障害や自閉症のお子さんの子育てをされている方は特に、周りの方の協力を求めていただきたいなと思います。結果的に、一人で抱え込むよりも、それがお子さんのためになるかもしれません。

最後に

健常児も障害児も経験している我が家では、子育て自体はどちらも大変なのはよく分かっています。健常児だから子育てが簡単ということはありません。

ただ、ご家族が「自分自身を責めている」可能性は健常児のご家庭よりも多くなるかもしれません。子育ての大変さとは別に、周りの人や社会で壁を感じていて、自分や子どもに対して責任を感じることが増えるからです。

家で過ごすこともそうですが、特に一歩外に出て社会生活を営むということは簡単ではありません。仕事などだけではなく、幼稚園や小学校ですら簡単ではないのです。

今回のような事件が0になることは難しいのかもしれません。一方で、発生を少しでも減らすためには、もっと社会全体で本人とその家族を支えていける環境・仕組みが必要なのではないかと思います。

それに向けて私たちひとりひとりができる行動の1つとして、周りの人を気にかけてあげるということがあると思います。特に障害児の家庭などと特別視するということではなく、悩んでいそうな方や困っている方、元気がない方がいた時は声をかけてあげていただきたいなと思います。

その中で、発達障害や自閉症の当事者のご家族が少しでも心救われる日を願ってやみません。

本日もご覧いただきありがとうございました。


【「ご覧いただく度に」以下ボタンのクリックの応援・ご協力お願いします m(_ _)m 】

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

自閉症のことで悩んでいる方、自閉症を知らない方にこのブログが少しでも届けばと思っています。こちらのブログを「ご覧いただく度に」上記のボタンをそれぞれクリックして応援していただけると嬉しいです^ ^
リンクに飛ぶだけですが、クリックいただくと他の方にも記事をご覧いただきやすくなります。楽しい&タメになるブログも多数あります!