自閉症者が効率的な仕事をする可能性について

自閉症児がタイピングと予測変換とタッチパネルを使う

最初に、少し報告

先日、父の日に合わせてlitalicoさんの発達ナビに寄稿致しました。

 

自閉症児の父親として心に決めている3つのことのブログ記事のキャプチャ

自閉症児の父親として心に決めている3つのこと
~ 妻と子どものためにできるサポート ~

現時点(2018年6月24日)で約15,000PVを超えている状態で、数少ない(とお話を受けている)父親のブログとしてはlitalicoさんに多少の恩返しができているのではないかと思います(笑)

Google検索で「自閉症 父親」と打って検索すると、なんと私の記事が2つとも上位に出てきました!2つしか書いてないのに…純粋に嬉しい(笑)発達ナビさんのプラットフォームのチカラに感激です。

「自閉症 父親」で検索した結果

前回の記事(父親が「子どもの障害を認めない」。かつては、私もそうだったー変わるために必要な3つの契機とは)についても、今回の寄稿で2,000PV弱位伸びまして、お陰様で累計で30,000PVに達しました。3万人の方に見ていただけると思うと、今後寄稿させていただく記事もしっかりと内容を詰めて、どなたかのお役に立てるように頑張らねばと身が引き締まる思いです。

今回の記事では、先日のブログ(タイピング練習、始めました。)で共有させていただいている動画も掲載しており、息子がついに発達ナビさんにもデビューしました。ブログよりも少し具体的に物事を書いているので、よろしければご覧くださいませ。

予測変換、使ってます?

先日のブログではさらっと書いてしまったのですが、最近のパソコンやスマートフォンの予測変換や履歴から出される予測変換技術は目を見張るものがあると感じており、これらをしっかりと活用することで自閉症者が活躍できる可能性を感じています。

皆さんはパソコンの予測変換を利用されておりますでしょうか?

個人的な話になるのですが、実はパソコンで出てくる予測変換などについては、予測変換が出ているのも関わらずタイピングをし続ける人をよく見かけます。本当によく見かけます。

聞いてみると、マウスやタッチパッドなどでカーソルを合わせるなら打ってしまった方が早いと思って、などの言葉がチラホラありました。(という後輩に限ってミスタイプが結構あったり…笑)

実は「Tab」キーを使えばマウスやタッチパッドなどを用いずに変換の文字を選択することができるのですが、それらの方法に慣れていないこともあってか、みんな予測変換をうまく活用しようとしていません。

加えて、最近の若者はスマートフォンやタブレット慣れをしており、実はPCのタイピングやローマ字変換に慣れていない人もいるなどの話があったりします。

調べたところ、ちゃんとした調査結果が見当たらなかったので、一部ニュースなどの偏りはあると思いますが、新卒入社時などはあながちあり得る話かもしれません。ちなみに、卒業論文も携帯電話で文章を書き上げる方もいるとのことです。私の時代では信じられません(笑)

音声検索だけで入力が済む時代も近いですが、長文や細かい難しい文章はまだ実際にタイプした方が良い面が多いと思います。そのため、タッチパネルと予測変換を組み合わせれば、もしかすると健常者の方よりも効率的な仕事をすることができるかもしれません。こんなところにも自閉症者の仕事における光明があるように感じます。

可能性を模索する

人間は変化を嫌う生き物だと言われています。今できていることができなくなったり、下手なことをして良くない結果に動く可能性を恐れるようです。

健常者でも、やった方が良いのに癖や習慣から抜け出せずに進化していないことは、探せばまだたくさんあると思います。それらは全て、自閉症者にとっての一つの仕事の可能性になると感じています。

競争ではないので適材適所で共存することができる道を探すことがベストですが、健常者の方よりも得意な分野を持つことで自閉症で会話が難しくても、仕事上でのパフォーマンスを評価されることができればと考えています。

しかしながら、現段階ではまだタイピングなどの作業レベルではあります。そのため、より高度な知識などのレベルの仕事にまで進化できるようにしていきたいと思いますし、息子のためにその可能性を模索し続けるつもりです。

前提のスキル部分で可能性を感じたのは事実ですので、これからも息子の将来を考えながらアンテナを張って日々過ごしていきます♪

本日もご覧いただき、ありがとうございました^ ^


【「ご覧いただく度に」以下ボタンのクリックの応援・ご協力お願いします m(_ _)m 】

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

自閉症のことで悩んでいる方、自閉症を知らない方にこのブログが少しでも届けばと思っています。こちらのブログを「ご覧いただく度に」上記のボタンをそれぞれクリックして応援していただけると嬉しいです^ ^
リンクに飛ぶだけですが、クリックいただくと他の方にも記事をご覧いただきやすくなります。楽しい&タメになるブログも多数あります!

自閉症児がタイピングと予測変換とタッチパネルを使う