ひとりでできるもん!

重度の自閉症スペクトラム/発達障害の未来を考えるブログ「willbridge(ウィルブリッジ)」

トイレ・排泄ができた!

息子がひとりでトイレで用を足すこと(おしっこ)ができるようになりました!
まずは家の中での話ですが、とんでもない成長です。

苦節1年ほどでしょうか。

オムツからパンツに変え、
パンツに吸収パットを付けて過ごし、
都度トイレに連れて行って用を足す。

パンツにしたりトイレに連れて行くことをひたすら続けました。(妻が99%…)

もちろん親だって疲れている時もあります。そんな日はオムツで過ごします。
結構オムツ比率高かった気もしますが、その辺りはご愛嬌。。

最初はトイレに連れて行って、トイレで用を足すことができたことだけで感動していました。

次のステップとして、「トイレ行っておいで!」と伝えることを始めました。
結果、こちらから促せばトイレに行って用を足すことができるようになりました。

そして最近!ひとりでトイレに行って用を足すことができるようになりました。

トイレに行き、電気をつけて、ドアを開けて(今は開けっ放し)、用を足して、流して、電気を消して帰ってきました。

遊んでいたのに急にトイレに向かっていき、用を足したんです。
状況としてはさすがに急過ぎて、妻と「えっ」ってなりました(笑)
こんな風にいきなり成長することがあるんだなぁとしみじみと実感をかみしめました。

いきなりと言っても、1年かかっているわけなので急に来るんだなという感じでしょうか。

トイレから帰ってきた息子は、何気ない顔をしていましたが「ひとりできるもん」というオーラは汲み取りました(笑)

これはコップ一杯の水の時と同じような感動があります。
普通なら特に何でもない出来事かもしれませんが、社会で生活をしていく上で必要な大切なスキルが身についた瞬間であり、とても大きな成長であり、嬉しい出来事でした^ ^

課題の本質

重度自閉症の子どもにとっての教育で大きな課題の1つ(と私が勝手に思っている)に、トイレ・排泄があります。

なぜ大きな課題かというと、子どもからの発話がないために親側が気付けず、漏らしてしまうことが頻発するからです。

漏らしてしまうと洋服が濡れたり床がびしょびしょになったり、色々と大変ですよね。。だから、結果的にオムツやパットに頼ることが増えてしまいます。

つまり、親側がそれを受け入れて向き合って継続することが必要なのです。

人間楽をしたい生き物ですから…その気持ちとの戦いが最大のハードルになります。我が家の場合、妻が本当によくしてくれました。

健常児のお子さんを育てたことがある方や関わったことがある方でしたら、お子さんが急に

「トイレ」(…何っ⁉)

と慌ててトイレに連れていくシーンなどがあるのではないでしょうか?

自閉症の場合、それがないのです。

お風呂だろうと、ラグマットの上だろうと、布団だろうと、出ちゃう時は出ちゃうんです(笑)
オムツやパットに頼ればその点は安心なのですが、今度はいつ用を足しているかに気付けなくなるので、頻繁にこちらから促したりする必要が出てきます。

でも、もろもろ考えるとこれ(オムツやパットをしながら、用を足す前にトイレに促すという形)が一番ベストだったなと感じます。

「トイレの時はトイレと言ってね」と何回か伝えた程度では身につかなかったのが、我が家の息子の実績(経験)です。
下の子は、何回か伝えたら、自分で「トイレ」と言えるようになりました。

自閉症の息子の場合は、1週間や1か月の継続でも足りなかったです。

でも、最後にはできるようになりました。これが息子の実力なのです♪

偉人の言葉で「成功する秘訣は成功するまで続けることだ」というフレーズを思い出した瞬間でした。

何事もステップなんだなと感じてはおりますが、私たちも人間なのでたまに心折れてしまっても(笑)、一歩ずつ進めることができればよいのだと思います。

追記

この記事を下書きで書きためている1週間の間で、息子が大きい方の用を足すこともできるようになりました!

妻の話では、用を足せるようになる少し前に本棚から自閉症児の教育関連の本の、排泄の指導方法ページを読んでいたらしいです(笑)
妻や義母の話で、頻尿の話をしていたら頻尿のページを読んでいたそうです(笑)

たまたまかもしれませんが、面白い話でした。

…振り返って見てみたら、今日は汚めの話ですみません(汗)

本日もご覧いただきありがとうございました^ ^


【「ご覧いただく度に」以下ボタンのクリックの応援・ご協力お願いします m(_ _)m 】

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

自閉症のことで悩んでいる方、自閉症を知らない方にこのブログが少しでも届けばと思っています。こちらのブログを「ご覧いただく度に」上記のボタンをそれぞれクリックして応援していただけると嬉しいです^ ^
リンクに飛ぶだけですが、クリックいただくと他の方にも記事をご覧いただきやすくなります。楽しい&タメになるブログも多数あります!

重度の自閉症スペクトラム/発達障害の未来を考えるブログ「willbridge(ウィルブリッジ)」