笑顔のゲンキ

ミュージカルのイメージ

今日は時代がハマる人には懐かしいタイトルにしてみました(笑)姫ちゃんのリボンの主題歌、SMAPさんの歌のタイトルですね!改めて歌詞を見返すと結構良いものだし、子どもに当てはめても意外と悪くない感じです(笑)

本日は特別支援学校の開催する特別教室にお邪魔して感じたことを書かせていただきます。

パワー・オブ・ミュージカル

息子が通う特別支援学校では、毎月土曜日に体験教室のようなものがあります。

第一部はPTAの方が企画をしてくれたり、音楽鑑賞やフラダンスなど体育館で広さを活かした活動があり、第二部でそれぞれの教室で音楽や図工、体操や遊び、茶道などの活動があります。

先日はいつもと少し違う様子で、第一部でダンス、第二部も体育館でなんとミュージカルの体験をする会でした。そんな調整をしていただいている学校の方に大変有難いなぁと感じました。

この日は偶然参加したのですが、しみじみと、

「ダンスとかミュージカルっていいなぁ」

と思いました。

なんて言うんでしょうか。心が弾むというか、ウキウキするというか、ダンスを踊る皆さんや、ミュージカルの劇団員さんが笑顔全開で歌って踊って演技している姿が非常に心温まるものでした。

特別支援学校で開催されたミュージカル

ミュージカルの内容としては、劇団の団長さんのような方が気遣ってくれていたのだと思いますが、分かりやすい歌と軽快な音楽、簡単な踊りで構成されたものになっていました。

一度通してミュージカルを見せていただいた後に「みんなも歌って踊ってみよう!」という流れで振りを教えてもらってみんなで歌って踊りました^ ^

うちの息子は体を動かすことが得意ではないのですが、音楽(というよりは周り)に合わせて体をフリフリと少しだけ踊ったり、得意のジャンプの場面では積極的に跳んでたくさん笑っていました。

この実際に体を動かすということと、それによる「楽しい雰囲気」という空気とがとても良いことなのではないかなぁと、息子の笑顔を見て感じました。

ちょっと頑張った日

そういえば以前にも、スラバという会場全体を巻き込んだイベントショーがありました。

スラバのスノーショーのキャプチャ

URL:http://slavasnowshow.jp/

※2年前が最後になっているみたいです。

こちらは意を決して結構高かったチケットをちょっと頑張って購入したのですが、息子を連れて行って良かったなぁと思ったことを思い出しました。

スラバはミュージカルというよりは、ショーだったのですが言葉はない演劇のようなものが一通り続くタイプのものでした。その間は特に息子はノーリアクションで、妻と「正直、見に来るショーの選択を失敗したかも」と思っていました(笑)

ただ、最後のクライマックスの時にやっと紙吹雪やカラフルな巨大なボールが会場を駆け巡る感じになり、その時に息子が今までにないくらい大はしゃぎでテンションMAXになっていました。最後の10分位でしたが、それだけで親としては大満足でした(笑)

スラバのボール写真
スラバの紙吹雪

我が家の息子はカラフルなものが好きなのですが、これは重度自閉症の子どもに限らず、軽度の発達障害の方も子どもも大人も関係なく結構好きなのではないかなぁと色々な方のお話を聞いていて思います。

それというのは、美しさのようなものもありながら、どこか楽しさを感じるからではないかなと思ったりします。

なかなか表情や声には出すことができない障害ですが、感受性が豊かだからこそ周りの人の笑顔やその場の楽しい空気を読み取って自分も楽しくなれるのではないかなと感じた日でした。

そういう意味では、ミュージカルと言わずとも、そのような楽しい雰囲気のイベントや企画がもっと増えたら嬉しいなぁと感じつつ、もう少し探してみて何かあれば積極的に参加しようと思いました♪情報見つけたら共有させていただこうと思います。

本日もご高覧ありがとうございました^ ^


【「ご覧いただく度に」以下ボタンのクリックの応援・ご協力お願いします m(_ _)m 】

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

自閉症のことで悩んでいる方、自閉症を知らない方にこのブログが少しでも届けばと思っています。こちらのブログを「ご覧いただく度に」上記のボタンをそれぞれクリックして応援していただけると嬉しいです^ ^
リンクに飛ぶだけですが、クリックいただくと他の方にも記事をご覧いただきやすくなります。楽しい&タメになるブログも多数あります!

ミュージカルのイメージ