【 Light It Up Blue!】毎年4月2日は世界自閉症啓発デーです♪

世界自閉症啓発デーブログ記事タイトル

毎年4月2日は世界自閉症啓発デーです。2日~8日の間はアスペルガー症候群、学習障害(ディスレクシア)、注意欠陥多動性障害などを含み発達障害啓発週間となります。

本日は「世界自閉症啓発デーって何?」や「その日や週間で何かすることあるの?」ということをお伝えできればと思います。

世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)とは?

成り立ち

2007年12月18日に正式に国連総会で定められた世界共通認識の啓発デーです。自閉症とはどのような症状なのか、自閉症を抱えている人たちがどのような暮らしをしているのかをご理解いただけるように活動する日となります。以下に世界自閉症啓発デー日本実行委員会公式サイトから引用を掲載させていただきます。

国連総会(H19.12.18開催)において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。
わが国でも、世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織され、自閉症をはじめとする発達障害について、広く啓発する活動を行っています。
具体的には、毎年、世界自閉症啓発デーの4月2日から8日を発達障害啓発週間として、シンポジウムの開催やランドマークのブルーライトアップ等の活動を行っています。

引用:世界自閉症啓発デー 日本実行委員会公式サイト
URL:http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=165

2017年のトピック

個人的には、2017年は以下2つのことが印象的でした。

イギリスの自閉症協会(The National Autistic Society)が公開した、自閉症の子どもが見えている世界

自分の息子も「このような世界なのかな…」とハッとするというか、ドキッとするというか、色々と考えさせられる動画でした。

実際は自閉症に起きやすい様々な症状を組み合わせている認識ですので、1つ該当している方もいれば3つ該当している方がいるかもしれません。もしかしたら、このようには見えてはいない方もいらっしゃる可能性もあります。ただ、健常者(特に障害がない方)の方とは違う観点で何かしら生きづらさを感じているケースがあるということをご理解いただけますと幸いです。

アメリカのセサミストリートで自閉症を抱える「ジュリア」が登場

昨年、セサミストリートに自閉症を抱えている「ジュリア」が加わりました。主に子どもたちが見る番組で「自閉症」ということを明らかにして話が進むこと、それだけでなく適切な接し方などまで伝えている点は非常に素晴らしい取り組みだと思いました。以下はジュリアの紹介をした回の動画です。

昨年印象深かった非常に素敵な記事として、NPO法人ADDSさんを設立した竹内さんのYahooニュース記事をご紹介します。特に、自閉症児との関わり方について具体的なアドバイスをされているその内容については、自閉症についてあまりご存じない方々にご覧いただけたら幸いに思います。

4月2日は何の日?セサミストリートにジュリア登場!エルモの神対応に学ぶ、自閉症児との上手な遊び方

今年はそれらの影響を受けて、世界自閉症啓発デー日本実行委員会と厚生労働省がジュリアなどのセサミストリートのキャラクターを自閉症啓発デーの活動に起用しました。ポスターやリーフレットに採用されていて、非常に素敵な流れだなと思いました。リーフレットは可愛いだけでなく、コンパクトに大切なことがまとめられていて、ぜひ色々な方にご覧いただきたいと思います。今回、当記事の一番上の画像に利用させていただきました。(各データは公式サイトよりダウンロードできます。)

世界自閉症啓発デーポスター

世界自閉症啓発デーポスター2018

世界自閉症啓発デーリーフレット(表)

世界自閉症啓発デーリーフレット表

世界自閉症啓発デーリーフレット(裏)※記事画像として利用したもの

世界自閉症啓発デーリーフレット裏

今回の記事を機に、ジュリアについて色々と調べていたところ「NPO法人セサミワークショップ」という法人を発見しました。セサミストリートを用いた教育活動を行うアメリカ発祥の法人で、その公式サイトでジュリアやジュリアが出ている回のYoutube動画が共有されていましたので以下にご紹介します。

NPO法人セサミワークショップ公式サイト(日本)
ジュリアの紹介ページ
ジュリアが出ている回のYoutube動画一覧

世界が青く染まる。

Light It Up Blue!癒しと希望に満ち溢れた世界に。

4月2日の世界自閉症啓発デーや、2日~8日の啓発週間では世界中で青色のライトアップ活動”ライト・イット・アップ・ブルー”が展開されます。昨年はニュースでも小池百合子さんがご紹介されるなどで話題になっていました。

もともとはアメリカの自閉症支援団体「Autism Speaks」が始めた活動ですが、実は日本でも東京タワーや大阪城天守閣、世界遺産の姫路城でライトアップがされるなど、活動が活発化してきています。これらはNPO法人あっとオ―ティズムさんが呼びかけをしたことをきっかけに広がりを見せているようです。すごい綺麗な写真が多いですよ~^ ^

ライト・イット・アップ・ブルー(Light It Up Blue)公式サイト

賛助会員やサポーターも募集されていらっしゃるようですので、ご協力いただける方はご検討いただければと思います。

なぜ青色なのか?

シンボルカラーの青色は「癒し」「穏やかさ」「希望」などを表す色であるためです。自閉症の方とその家族が癒しと希望を持って過ごせることを願っているようです。世界自閉症啓発デーのシンポジウムでは、青色をワンポイントで入れて参加しようなどのドレスコードの呼びかけもあったりします。当日はシンポジウムではなくても、みんなで青色のワンポイントを入れたりして生活をして、周りの人に理由を説明されたりすると啓発週間!という感じですね^ ^

今年も東京タワーが青くなる!

東京タワー・ライト・イット・アップ・ブルーのご紹介です。
————–
日 時 : 2018年4月2日(月)(予定)
会 場 : 東京タワー(東京都港区芝公園4丁目2-8)屋外特設ステージ
内 容 : 15:15~18:15 各種イベント
18:15~18:30 点灯式
18:30~22:00 ライトアップ

※どなたでもご自由に見学できます。
————–

最後に:御礼とお願い

世界自閉症啓発デーの本来の目的は、より多くの方に自閉症を少しでもご理解いただくことです。

この記事を読んでいただけていれば一歩近づいていただいておりますので、大変ありがたい気持ちです。ありがとうございます。

もし、もう一歩踏み込んでいただけるようでしたら、皆様の自閉症へのご理解が広がるように周りの方に声掛けをしていただけますと、当事者家族としてとても嬉しく思います。

自閉症についての説明はしにくいこともあるかと思いますので、そのような時はこちらの記事をシェアするなどでご紹介していただければ、初めての方でもある程度ご理解につなげていただけるのではないかと思います。

「簡単に、無料でできるボランティア」だと思ってご協力いただけると嬉しいです。

本日もご高覧ありがとうございました^ ^


【「ご覧いただく度に」以下ボタンのクリックの応援・ご協力お願いします m(_ _)m 】

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

自閉症のことで悩んでいる方、自閉症を知らない方にこのブログが少しでも届けばと思っています。こちらのブログを「ご覧いただく度に」上記のボタンをそれぞれクリックして応援していただけると嬉しいです^ ^
リンクに飛ぶだけですが、クリックいただくと他の方にも記事をご覧いただきやすくなります。楽しい&タメになるブログも多数あります!

世界自閉症啓発デーブログ記事タイトル