LITALICO発達ナビ ミートアップvol.1に参加してきました!

4/19(木) 企業の力で発達障害の課題を解決する!LITALICO発達ナビ ミートアップvol.1

リタリコさんのイベント「4/19(木) 企業の力で発達障害の課題を解決する!LITALICO発達ナビ ミートアップvol.1」に参加してきましたので、内容を共有させていただきます^ ^

詳細はこちら(Facebook)
https://www.facebook.com/events/164770167558871/

嬉しいことに、リタリコさんのイベントにライター枠でご招待いただきまして、先日参加して参りました。(まだ記事1本しか書いてないのに…笑)リタリコさん、ありがとうございます!

LITALICO発達ナビ ミートアップvol.1

当日は以下のような3部構成でした。

1.当事者家族の気持ち等(ゲストスピーカー、白砂ゆき子さん)
2.白砂さんと発達ナビ編集長の鈴木悠平さんのトークセッション、質疑応答
3.発達障害や自閉症に関連してあったらいいなと思うサービスを各グループでディスカッション

白砂さんから当事者家族の気持ちの共有

白砂ゆき子さんは、インターネットのメディアで人を呼ぶ方法を設計したり考えて企業にアドバイスされているコンサルタントさんです。(業界では有名な「ミエルカ」というサービスを運営されているコンサルティング会社さんです)

今回は、発達障害や自閉症の方にとって、世の中にどのようなサービスがあればよいかの前段として、参加者の方の理解を深めるためのお話をされておりました。(参加者は当事者や関係者ではない、企業にお勤めの方がほとんどのため、より発達障害や自閉症をご理解いただくためのパートでした。)

知り合いから「ADHDじゃない?」って言われることがなかったら、今のように生活できていなかったかもしれない=誰かが教えてくれないとお母さんたちは苦しみ続けてしまう、というのが今の社会の実態ではないか?という問いかけであったり。ご友人に発達障害の子どもたちは「天才予備軍」と言われたことから前向きに捉え始めて、日々の生活や教育をされているとお聞きして大変共感しました。しかも、なんと、息子さんが幼児にして算数検定11級(小1程度)に満点合格されたらしく、まさに天才だなぁと感動しました^ ^

インスピレーションを刺激するディスカッション

各グループのディスカッションについても、最後に簡単に共有があり、これもまた大変興味深い内容が出ていました。以下に一部を抜粋で共有致します。

そもそもみんな発達の凸凹はあるので、診断なんていう明確な境目なんてないのでは。きっと「発達障害」と「健常者」という分類もスペクトラムにできる、境目をなくすことができる。

(自転車を販売している企業の方が)自転車に乗る時に子どもたちをモチベーションマネジメントするやり方は、発達障害や自閉症児の療育と似ていると思った。ペアレントトレーニングと似ているので、自社の活動とリンクする。

発達障害児や自閉症児のモチベーションを上げたり、能力を最大化するようなアクションを促せるAIやチャットボットが開発されると良い。

自分の特性を自分や周りの人が取捨選択したプロフィールがあれば、自分がどのような人間かを相手に理解してもらいやすくなる。ヘルプマークのような形で、個人の特性に合わせた色分け・グラデーションカードのようなものができ、どのような傾向があるか一目で分かるようになったりすると良い。

発達障害児、自閉症児でも気軽に民泊できるサービス

4/19(木) 企業の力で発達障害の課題を解決する!LITALICO発達ナビ ミートアップvol.1参加

幅広い参加者層

私のグループでは、様々な境遇の方がいらっしゃいました。
特別支援学校の教員(身体系)の方、当事者母親の方、発達障害で困っている方を支援する団体の代表者であり発達障害当事者の方、都民ファーストの会に所属されている都議会議員の方でした。他のグループでは大手企業のエンジニアさんやCSR担当など、本当に多岐に渡る方が参加されていらっしゃいました。リタリコさんの集客力、流石です!!

それぞれの立場での様々なご意見をお伺いすることができてとても新鮮であると同時に、世の中の課題感も強まりました。特に都議会議員の奥澤高広(おくざわたかひろ)さんは豊富な知見から物事を判断されたご意見をお持ちで、非常に勉強させていただきました。

今の通常学級の法的な規制の観点や、特別支援学校の現状、海外事例なども考慮して今後の学校教育の在り方についての理想をディスカッションの中でお話いただきました。私は奥澤さんほどの知識は持ち合わせておりませんでしたが、大きな方向性としては同じ考えでありましたし、発達障害の方をサポートされている理事長さんも同意されていました。やはり発達障害や自閉症の関係者の視点で教育を見ていると同じような意見を持つ方が多いのかもしれないと思えるきっかけになりました。

イベントに参加して

今回のディスカッションを契機に、私のいたグループで出たグラデーションカードの企画について実現させたい、プロジェクト化したいなと感じましたし、将来学校を創りたいなという壮大な気持ちも出てきました。社会の仕組みを変えることによって障害を障害でなくし、日本を、世界を変える教育。小規模から大規模まで、今までに学校を創っている人たちをたくさん見てきていて無理なことではないと思ってますので、今回このブログに改めて気持ちだけ書いておきます。理想論ですけど、考えることと行動を地道に続けていきます。思うは招きますから。

大変刺激的な会を開催していただき、またご招待いただき、リタリコさんに改めて御礼申し上げます。今後毎月実施するとお話をされていらっしゃいましたので、さらに色々な企画が走り出すのではないかと思います。今後もリタリコさんの活動は目が離せないですね^ ^

今後も大きなプロジェクトや事業推進を楽しみにしながら、微力ながら応援させていただきます。

本日もご覧いただき、ありがとうございました♪


【「ご覧いただく度に」以下ボタンのクリックの応援・ご協力お願いします m(_ _)m 】

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

自閉症のことで悩んでいる方、自閉症を知らない方にこのブログが少しでも届けばと思っています。こちらのブログを「ご覧いただく度に」上記のボタンをそれぞれクリックして応援していただけると嬉しいです^ ^
リンクに飛ぶだけですが、クリックいただくと他の方にも記事をご覧いただきやすくなります。楽しい&タメになるブログも多数あります!

4/19(木) 企業の力で発達障害の課題を解決する!LITALICO発達ナビ ミートアップvol.1